弁護士費用についてのご説明

弁護士費用の概要は次のとおりです。
弁護士費用については、「分割支払」の相談にも応じておりますのでお気軽にご相談下さい。

 1 弁護士費用の種類・内容について

弁護士が,訴訟事件・調停事件・示談交渉事件などの事件等を受任したときには,着手金,報酬金,実費,日当等をお支払いいただくことになっております。

着手金は,事件等を依頼したときに,お支払いいただくものです。
報酬金は,事件等が終了したとき(勝訴判決・和解成立・調停成立・示談成立などの場合)に,成功の程度に応じて,委任事務処理の対価としてお支払いいただくものです。
実費は,収入印紙代・郵便切手代・謄写料,交通通信費,宿泊料などに充当するものです。その他に,保証金,保管金,供託金などに当てるためにお預かりする金額もあります。
日当は,弁護士がその仕事のために遠方(県外等)に出張しなければならない場合にお支払いいただくものです。

2 着手金・報酬金の算出基準について

着手金及び報酬金の額は係争金額(経済的利益の額)の大小に応じて算定されます。
標準的な金額は着手金・報酬金合計で係争金額の1割から2割程度です。
なお、具体的な金額については、当事務所で、弁護士費用基準表をお渡ししております。

3 特定類型の事件の弁護士費用額について

弁護士費用(着手金・報酬金)は,上記のとおり,原則として係争金額の大小に応じて算定されますが,次に掲げる事件類型の場合は,次の金額が目安となります(具体的な金額は協議の上決定します)。

①法律相談-原則として30分で3000円
②債務整理,個人破産申立,個人再生申立-30万円~
③会社破産申立-30万~

4 特に、「任意整理」「過払金請求」「交通事故」については,分割支払や後払いの相談に応じております。